近年、ネットやSNSの発展により職業・働き方が多様化してきています。

ネット時代の新しい職業として特に象徴的なのは、何といってもYouTuber(ユーチューバー)です。
 
 
「ネット上に自作の動画を投稿し、そこから発生する広告収入でお金を稼ぐ。」

一昔まえでは考えられない働き方です。
 
 
では、
「YouTubeに動画を投稿してお金を稼いでいる人」
「ユーチューバー」 なのか?
 
 
僕は必ずしもそうではないと考えます。

「動画投稿者」と「ユーチューバー」は別の職業です。
 
 
とはいえ、「ユーチューバー」自体がまだ明確な定義のない新しい職業です。

ですので、
あくまで自論になりますが、当記事では

「何をしている人がユーチューバーなのか?」

「“ユーチューバー”と“動画投稿者”の違い」

について解説していきます。

ユーチューバーと動画投稿者の違い

 
「ユーチューバー」「動画投稿者」はどう違うのか?
 
 
もちろん、

「YouTubeという媒体を使ってるか使ってないかや!」

みたいな揚げ足を取るような内容ではありません(笑)
 
 
「YouTubeに動画を投稿してお金を稼いでいる」

この活動内容に関しては違いはありません。

つまり、行っていること自体は変わりはないということです
 
 
では、何が違うのか?

それは性質の違いです!
 
 
いきなり「性質の違い」と言われても「?」となると思いますので、
それぞれの性質について説明していきます。

ユーチューバーの性質

 
「ユーチューバー」の「動画投稿者」とは異なる性質とは何か?

それは、

「投稿者に人気があることによって動画が見られる」

です!

要するに
「投稿者」にファンがつくか、
「動画」にファンがつくかの違いです。
 
 
ただ、こうはっきりと言葉にしてしまうと、

「動画を好きになったから、投稿者のファンになるんじゃないん?」

と疑問が浮かんでくると思います。

確かにその通りです。

性質の違いとは、動画の見られ方が違うということです
 
 
分かりやすく例を挙げて説明します。

人気ユーチューバーのヒカキンさんが
「公園を無言で散歩してみた!」
という動画を投稿したとします。

おそらく何十万再生もいくでしょう。

しかし、
この動画の視聴者は「人が無言で歩いてるところが見たい!」というように、動画内容が気になり見にきたわけでわないでしょう。

動画内容というよりは、ヒカキンさんを見に来ているのです。

その証拠に、無名の人が同じ内容の動画を投稿しても十回も再生されないでしょう。
 
 
つまり、
その動画を見にきているというより、「その人を見にきている」というような性質を持ちます。

そして、そのような性質で活動している動画投稿者を「ユーチューバー」と呼びます。

動画投稿者の性質

 
次に「動画投稿者」の性質について。
 
 
「ユーチューバーの性質」を見た後なのでだいたい察しがつくと思います。

動画投稿者の性質は、

「動画内容に人気があることよって動画が見られる」

です。

「投稿者」にではなく「動画」にファンがつくということです。
 
 
こちらも分かりやすいように例を挙げて説明します。

編集は早送りとBGMだけのすごく上手なイラスト動画があるとします。

みんなその上手なイラスト(動画内容)を見たくて動画を視聴します。

ですので、
仮に投稿者が変わろうと、同じ内容の動画であれば再生回数は変わらないでしょう

なぜなら、
視聴者はその「イラスト」を見にきているのであって、「その投稿者だから」見にきているわけではないからです。

もちろん、
漫画家みたいにその動画を通して「投稿者」自体のファンになることもありますが、それも実質は投稿者の「イラスト」のファンでしょう。
 
 
つまり、
投稿者が変わっても動画の再生回数に影響しないような性質で活動している人を「動画投稿者」と呼びます。

新しい働き方『動画投稿者』

フリーランス
 
ここまで「ユーチューバー」と「動画投稿者」の違いについて説明したきたうえで、僕が新しい働き方としておすすめしたいのが『動画投稿者』です。
 
 
新しい働き方と言っても、今のご時世いきなり「動画投稿で生きていく!」というのは色々と厳しいでしょう(僕はそういうの好きですが^^)。

なので、最初は副業として楽しみながら始めるのがいいと思います

そこで、ユーチューバーではなく「動画投稿者」です!
 
 
ユーチューバーとして稼いでいくには、顔出しをしないと現状は競争率が高いので厳しいです。

しかし、ネット上への顔出しにはそれなりのリスク障害が生じるものです。

現在、会社に勤めている方ならなおさらでしょう。

このことから、「ユーチューバー的性質」の活動は副業には向いていません。
 
 
しかし、「動画投稿者的性質」での活動ならどうでしょうか。

動画にファンがつく内容での活動です。

投稿者自身にファンをつける必要がないので、顔出しをする必要もなければ、生活に影響することもありません。
 
 
では、
「動画投稿者」とは、具体的にはどのような動画内容での活動のことをいうのか?

投稿者が誰であろうと見られる内容
投稿者に人気がある必要がない内容
 
 
要するに、
動画の内容が評価されて人気が出るということです
 
 
イラスト、演奏、物作り、ペット、知識、情報などを発信する動画がこれに当たるでしょう。

視覚的聴覚的に楽しめる内容は、「動画投稿者的性質」を持ちやすいです。
 
 
副業に向いている「動画投稿者」の活動内容が分かったら次に、

「いざ動画投稿をするにあたって、YouTubeで何のジャンルをすればいいのか?」

と、なると思います。

こちら☟の記事で、
YouTubeで稼げるおすすめジャンルを紹介していますので、ぜひ合わせてお読みください。

まとめ

 
最後に、この記事のテーマである

「ユーチューバー」と「動画投稿者」の性質の違い

についてまとめます。
 

ユーチューバー的性質

  • 投稿者にファン(人気)がつく。
  • 動画内容というより、「その人」を見きている。
  • 投稿者が変われば、再生回数に大きく影響する。
動画投稿者的性質

  • 動画にファン(人気)がつく。
  • 動画内容が評価されている。
  • 投稿者が変わっても、再生回数にあまり影響しない。

 
 
「YouTubeに動画を投稿する」という活動内容は同じです。

しかし、このように性質の違いがあります。
 
 
というよりは、

動画投稿者の中でも、「投稿者自身にファンがつくことによって動画が見られる」ような性質で活動している人を特別に「ユーチューバー」と呼ぶ。

の方が正確ですね。

何にせよ、
「ユーチューバー」と「動画投稿者」には違いがあり、別の職業だと個人的には考えています。
 
 
そして、
新しい働き方として、自分の特技やスキルを評価される「動画投稿者」をおすすめします。

「動画投稿者」は顔出しなども特に必要としないことから、リスクや参入障壁も少ないので、まずは副業として始めてみてはいかがでしょうか。

それでは^^

おすすめの記事