この記事では、「成功者」と「凡人」の努力に対しての考え方の違いを、一流の成功者である王貞治さんの名言から分かったことを書きたいと思います。
 
 
まず初めに、ここで言う「凡人」、「成功者」とは何なのか。

「凡人」という言葉には、「つまらない人」という意味もありますが、この記事で使う「凡人」とは「平凡な人・普通の人」という意味で今後使用していきます。

つまり、現状「成功者ではない人」です。

反対に「成功者」とは、「夢や目標を実現した人」という意味で使用していきます。
 
 
 では、それを確認したところで「成功者」と「凡人」の努力に対しての考え方の違いを書いていきます。

「成功者」と「凡人」の2種類の人が存在するわけではない

 
 初めに知っていていただきたいのが、

世の中には、成功者と凡人の二種類の人が存在しているわけではない

ということです。

成功者も初めはみんな凡人だったのです。
 
 
 しかし、みんな生まれた時は凡人であった中、必死に努力をした一部の人が成功者になったのです。

つまり、

成功者だったから「成功」したのではなく、「成功」したから成功者になったのです!
 
 
 これを知っていれば
「自分はどうせ凡人だから」、「成功者のような才能が無いから」と、現状の成功者ではない自分に諦める必要はなくなるはずです

成功さえすれば、誰でも成功者になれるのだから。

もし、成功者が他の人よりも才能を持っていたとするならば、
それは「努力をする才能」です!

「凡人」には2種類の人が存在する

 みんな同じ凡人だったのに、なぜ成功する人成功しない人に分かれるのか。

それは、「成功者」と「凡人」の2種類の人はいないが、凡人には2種類の人がいるからです。

「成功しない凡人」「成功する凡人」です。

先の項で、必死に努力をした一部の凡人だけが成功者になれると書きました。
つまり、頑張れない凡人頑張れる凡人ということです。
 
 
 これだけ聞くと頑張れない、「成功しない凡人」が悪いように感じるかもしれませんが、頑張る意欲が無いわけではありません。

ほとんどの人が何かしらの夢や目標を持っていると思います。しかし、その道のりが困難で途中で諦めてしまったり、夢や目標を下降修正してしまいます。

確かに最後まで頑張れないその人自身の責任です。

でも、現実は厳しいものです。
努力をこのまま継続していても報われないかもしれない不安の中で、一般的な大学卒業というタイムリミットが設けられているからです。

なので、決して「成功しない凡人」はダメなわけではありません。
「成功する凡人」がすごいのです!
 
 
 成功する人がすごい!、とはいっても、全員が頑張って努力をすれば成功者になれる可能性がある以上は自分も成功者になりたいものです。

なぜ、同じ凡人なのに努力し続けることができるのか。

それは、努力に対しての考え方の違いです!

頑張れる人、成功者は努力をどのように捉えているのか?

それを次の項で紹介していきます。

一流の「成功者」の努力に対しての考え方

 この項ではこの記事の本題である「成功者」の努力に対しての考え方・捉え方を紹介するにあたって、
「成功しない凡人」、「成功する凡人」、「一流の成功者」の3つに分けて書いていきます。

成功しない凡人

 成功しない凡人=頑張れない人・努力を継続できない人です。

しかし、今の世の中、成功するまで努力し続けることは「現実的ではない」と言われることが多いでしょう。

おそらく、他のことに気を取られたり、しんどいから努力できないのではなくて、時間を費やした努力に意味がないかもしれないことに不安を感じて頑張れないのだと思います。
 
 
 今の時代は、どんな目標に対しても情報収集の容易さにより努力すること事態は誰でも可能です。しかし、その中で、何かを犠牲にしてでも行う努力量+継続することは難しいものです。

なので、世の中の大半の人が「成功しない凡人」であり、努力に対しての考え方は、

「どうせ努力しても意味がない」、と悲観的です。

成功する凡人

 ここでいう成功する凡人とは、努力に対しての考え方が成功する人であり、「成功する凡人=成功者」ありません。

あくまでも、成功するまでは凡人です。
 
 
まあ、そんなことは置いといて、成功する人は努力に対して前向きに捉えます。

色んな本やネット、テレビでおよそ成功者と呼ばれる人たちが努力に対して言っていた考え方は、

「努力は必ず報われるとは限らない。しかし、努力しなければ絶対に報われない。」

間違いないです!

ほとんどの人がこの考え方を何かで見聞きしたことはあると思います。

だからと言って、報われない可能性がある以上安定の方に逃げてしまうもので、分かってはいてもこの考えの元、成功者になる人はやはりすごいです。

一流の成功者・王貞治さんの考え方

 初めに確認した通りこの記事で言う成功者とは、努力の末、夢や目標を実現させた人のことを指します。

夢や目標を実現させた人は総じてすごいと思います。

しかし、より大きな夢、大きなことを成し遂げた人は成功者の中でも一流と呼んでいいでしょう。
 
 
 その中でも、人・成功者としての実績はもちろん、努力に対しての考え方・捉え方が本当に一流だなと感じたのが今回紹介する王貞治さんの言葉です。
 
 
「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるならば、それはまだ努力とは呼べない。」
 
 
さすが一流の成功者は違いますね。

報われていないなら、まだ努力が足りないだけ。必死に努力をしたら必ず報われる。

この考え方なら、「こんなに努力してるのに」とか「今日はこんなに努力したから満足」とかならずに、
成功するまでずっと努力し続けれるので、本当に一流の考え方ですね。

成功者と成功しない凡人との考え方の違い

 ここまで書いてきての、まとめの項になります。
 
 
色々と書いてきましたが、要するに何の差・違いがあるのか。

それは、努力に意味を見出せるか。努力に可能性を見出せるか。

だと思います。
 
 
努力をすることが大切なことは周知の事実であり、それに疑いを持つ人はいないでしょう。

しかし、今自分が行っている努力に意味があるのか本当に報われるのか無駄になるんじゃないか、といったように、

自分が行っている努力に意味や可能性を見出せないと、努力を継続することができず、成功者にはなれません。
 
 
 成功者は、「努力は必ず報われるとは限らない。しかし、努力しなければ絶対に報われない。」

「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるならば、それはまだ努力とは呼べない。」

という考え方からわかるように、努力に価値や可能性を常に見出しています。

それ故に、努力を継続することができるのです!

そもそも成功者の考え方になるためには

 成功者の考え方を持ち努力に意味を見出すことができれば努力を継続することができ、成功する可能性がある。

「成功者の」・「成功するための」考え方は分かったのですが、ではそもそもどうすれば成功者の考え方を持つことができるのか。

ただ、「成功者の考え方はこうですよ!」と言われても、それだけでその考え方を持ち、常に行動することは難しいでしょう。

考え方を聞いただけでは、知識・情報として知っただけで、自分のモノにしたわけではありません。
 
 
 僕が思うに、方法は一つしかないと思います。

それは、一度全力で努力をすること

一度全力で、がむしゃらに努力をしてみるのです。これでもかというくらいに!
 
 
努力をするために成功者の考え方を身につけたいのに、
それを身につけるために全力で努力をしろ、とはどういうこと?、と思ったかもしれません。

今までにも一度書きましたが、努力をすることは誰にでもできます。しかし、それを継続することが難しく、継続した人だけが成功を手にするのです。

そのために、成功者の考え方を身につけ、努力に意味を見出したいのです。

つまり、成功するために一番大事であり、難しい事は努力の継続です!

成功しない人が努力に意味を見出す考え方ができず、継続できないのは、今している努力に自信が持てないからです。
そのため、このまま努力を続けることに不安を感じ、価値や可能性を見出せないのです。
 
 
 しかし、一度全力で努力をすることができれば、今自分がしている努力に自信が持てるはずです。

こんだけ努力をしていれば夢や目標を実現させることができるのではないか、と。

そうすれば、「努力に意味を見出す」成功者の考え方を持つことができ、努力を継続することができるはずです!

まとめ

 この記事では成功者の努力に対しての考え方について書いてきました。

「こんなん成功したから言えるだけやん」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、例え結果論だったとしても現に成功している人の考え方は取り入れる価値のあるものだと僕は思います。

そのために、一度全力で努力をしてみましょう。

そして、もう一度成功者の考え方を思い出してください。
 
 
「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるならば、それはまだ努力とは呼べない。」
 
 
その時には、努力に意味を見出すことができ、この言葉を素直に受け入れられるはずです。

そして、成功を手にするまで努力をし続け、ぜひ夢や目標を実現させてください!

それでは^^

おすすめの記事