パソコンを仕事や大学で使用する方なら、

「キーボードを見ない速いタイピングを身につけたい」

と、タッチタイピング(ブラインドタッチ)に憧れると思います。

タタタタタタ…、っとキーボードを打つのは気持ちいいですし、何よりカッコいいですから
 
 
ちなみに、「タッチタイピング」という言葉は聞きなじみが無いかもしれませんが、よく聞く「ブラインドタッチ」と同じ意味です。

キーボード入力の際にキーボードを見ないで、指先の感覚だけを頼りにキーを叩くタイピング技法のことです。
 
 
この記事ではタッチタイピングの身につけ方練習方法を紹介していきます。

ホームポジションを覚える

 
タッチタイピングを身につけるにあたって、まず最初に覚えなければいけないのがホームポジションです。

ホームポジションとは、基本となる指の配置のことです。

ホームポジション
 
画像のように、
まずは左手の人差し指Fに、右手の人差し指Jに配置します。

後はそのまま各指を、

左手
[中指D][薬指S][小指A

右手
[中指K][薬指L][小指

に並べるように配置します。

これが基本の形であり、タイピング中も常にホームポジションを維持します
 
 
「維持するって、そんなん手元を見やんとタイピングするのに無理やろ」

と思うかもしれませんが、
実はキーボードには見なくても指の感覚だけでホームポジションを取れるように印がついているキーがあります。

ホームポジションの中でも特に基準となる、人差し指を置くFJのキーにだけ小さな突起部があるのです。

このFJの印の感覚を頼りにホームポジションを維持します。

まとめ

  • ホームポジションを覚える
  • ホームポジション
  • 左手
    [人差し指F][中指D][薬指S][小指A

    右手
    [人差し指J][中指K][薬指L][小指

  • 人差し指を置くFJの印を頼りに常にホームポジションを維持する

各キーに対応する指を覚える

 
ホームポジションを覚えたら、次に覚えなくてはいけないのが各キーに対応する指です。

つまり、どのキーをどの指で打つのかが決まっていて、タッチタイピングを習得するためにはそれを覚える必要があります。

キーボード
 
キーボードのキーの配置はバラバラに見えて、実は規則正しく配列されています。

そして、画像のように各列ごとに対応する指が決まっています

ホームポジションを取ることが大切な理由は、ホームポジションのキーが属する縦列が各指の対応するキーだからです。
 
 
では、
画像に写ってないキーはどの指で打つのか。

これに関しては明確には決まってはいませんが、基本的には小指より外側のキー薬指or小指で打ちます。
 
 
なぜ一番外側の小指ではなく薬指で打つのかというと、
特に外側の上部のキーになると、指の長さの違いから小指よりも薬指の方が打ちやすいからです

ですので
外側上部は薬指
Enterなどは小指で打ちます。
 
 
しかし、この辺は自分の打ちやすい指で問題ないです。

あと、よく使う「スペースキー」は親指で打ちます。
 
 
タッチタイピングを身につけるにおいて、ホームポジション各キーに対応する指を覚えることは必須なので、まず最初に覚えましょう。

まとめ

  • 各キーに対応する指を覚える
  • キーは規則正しく配列されている
  • ホームポジションのキーが属する縦列が各指が対応するキー
  • その他のキーに対応する指

    ・基本的には外側は小指
    ・外側上部は薬指
    ・「スペースキー」は親指

  • その他のキーに関しては自分が打ちやすい指で問題ない!

上達のコツは手元を一切見ないこと!

 
タイピングの上達のコツは一切手元(キーボード)を見ないことです!
 
 
タッチタイピングを身につけるためには、当然ですがどこにどのキーがあるのかを覚える必要があります。

とはいえ、「左からQ、W、R、T…」というように暗記するわけではありません。

もちろん、完璧にタッチタイピングを身につけた時には、すべての配置を紙に書き出せるようになっています。

しかし、あくまでも手で覚えるのです。
 
 
おそらく、今まで手元を見ながらタイピングしてきた方は、「手元を見る癖」がついてしまっています。

まずはこの「手元を見る癖」をなくすことが必要です
 
 
キーボードを見ないと最初は打つのが遅いし、打ち間違いも多くて大変です。

しかし、手元を見ないことで自然と手がキーの配置を覚えていき、タッチタイピングができるようになります。

タッチタイピングにおいて、手元を見ないことは最大の上達のコツであり、どの練習をするにおいても一番大切なことです!

必ず守るようにしましょう。

とにかく数を打つ!

 
ホームポジションを覚え、キーを打つ指を覚え、コツを把握して、

具体的には何をすれば速いタッチタイピングを身につけることができるのか
 
 
それは、
とにかく数を打って手に感覚を覚えさせる! です。

正直こればっかりは近道はなく、いっぱい練習するしかありません。

もし近道があるとすれば、
ここまでで説明してきたキーを打つ指手元を見ないなどを徹底することです。
 
 
タッチタイピングを身につけるためには、とにかく手に感覚を覚えさせることが必要で、継続して練習することが何より大切です。

短い時間でもいいので毎日タイピングをするようにしましょう

タイピング練習は単純作業の繰り返しです。

一日何時間もして飽きてしまったり、嫌になってしまうくらいなら、一日10分だけでも全然いいです。

とにかく毎日する事が大切です!
 
 
では次に知りたいのが、

毎日何を、どのように練習すればいいのか
 
 
ネット上には、無料で利用できる優秀なタイピング練習ツールがいくつかあります。

その中でも特におすすめの練習ツールを次の項で紹介していきます。

おすすめタイピング練習ツール

e-typing
 
タッチタイピング習得の入門サイトとしておすすめするのは
e-typing(イータイピング)です。
 
 
「イータイピング」は、アルファベット1文字から始まり、50音単語短文長文と、
初心者でも一からタイピングを学ぶことができます


 
さらに
濁音拗音促音長音などの練習も個別に用意されていて、
このサイトを続けているだけで速くて正確なタッチタイピングを身につけることができます
 
 
上で挙げたような基本練習の他にも、
応用練習試験腕試しなどの多くのコンテンツがあるので、初心者ではない方にもおすすめのサイトです。
 
 
これからタッチタイピングを身につけたいと考えている方は、
ぜひe-typing(イータイピング)を使ってみてください。

タイピングゲームで楽しみながら練習しよう!

 
正直「イータイピング」だけひたすらやっていればタッチタイピングは身につきます。

しかし、先にも述べた通りタイピング練習は単純作業の繰り返しです。

毎日となるとどうしても飽きてきたり、怠くなってしまいます。
 
 
そこで、「イータイピング」である程度上達したらタイピングゲームで楽しみながら練習するのがおすすめです。

タイピングゲームには、
ストーリー性のあるものから、音ゲーや格ゲーといったように無料で遊べる面白いゲームが色々あります
 
 
タイピングゲームに興味のある方は
こちら☟で紹介していますので、ぜひ合わせてお読みください。

 
 
タッチタイピングは一朝一夕で身につくものではありません。

しかし、毎日練習していけば必ず上達していきますので、焦らず楽しみながら頑張りましょう。

それでは^^
 
おすすめ教本

おすすめの記事