朝

皆さんは毎年夏休みはいかがお過ごしですか?
学校が終わった反動で昼頃まで寝てしまってないでしょうか?

僕も少し前までは長期休暇になれば夜型の生活になってしまい、昼頃まで寝てしまってました><
しかし、午前中を寝て過ごすことのもったいなさに気づいて、今では朝に活動することにしています。
一般的に朝活と言えば、5時、6時とかの比較的早朝に起きて、出勤前に読書や趣味に時間を使うというイメージですが、
僕の言う夏休み中の学生の朝活は、7時、8時などのしっかり午前中に起きるという程度のものです。

正直、価値観の問題ではあるので僕の一個人の意見にはなりますが、
まず圧倒的に清々しいです!
夏の朝は日差しが良く、また蝉の声すらも心地良く聞こえます。
何より、一日を無駄にしてしまったという罪悪感がなく、ただ朝起きているだけなのに何か良いことをしている気にすらなってきます(笑)

 そしてもう一つ僕が夜型より朝型の方が良いと思う理由が、
夜できることは朝もできますが、朝できることは夜はできないことが多くあると思うのです。
一番わかりやすいのは外出ですね。
天気の良い朝に何かを買いに行ったり、何なら散歩がてら朝食を食べに行くのもすごく気持ちいいです。
しかし、夜は部屋の中でできることに限定されてしまいます。
単純にできることの選択肢が朝に活動する方が多くなるのです。

何より、8時に起きたとすると、起きてから4時間活動してもまだお昼の12時です。
これだけで夏休みを有意義に過ごすことができるのではないでしょうか^^

有意義な朝の時間の過ごし方

朝ご飯

 過ごし方と言っても、趣味や興味は人によって異なりますので、
「これをやるべき!」とは言えませんが、
僕が朝活を快適にするために行っていることは4つあります。

どれも当たり前な事ですが、
1つ目は、起きてから活動できる状態までの準備を30分以内でする!
要するに、せっかく起きたのに布団の中で動かないでいると意味がないので、
30分はあくまでも目安ですが、できるだけ早く活動できる準備をするということです。

2つ目は、日光を15秒~30秒ほど浴びる!
これは、テレビで睡眠について研究している専門家が言っていたことなのですが、
日光を朝浴びれば、体がこの時間は起きる時間だと認識してくれるみたいです。
要するに、体内時計を調節して朝型の体になるということです。
初めのうちは眠たくてしんどいかもしれませんが、朝日光を浴びる習慣をつけると、自然と楽になっていくと思います^^

3つ目は、朝食をしっかり食べる!
これは当たり前すぎて書くか迷ったほどですが、
1日のエネルギー源なのでしっかり食べましょう!

4つ目は、前日にスケジュールを立てておく!
これは一番行ってほしいのですが、急に朝に時間ができたとしても、
毎日朝活を行っていれば、何をしていいかわからない日ができると思います。
これではせっかく起きたのに有意義に過ごせません。
そこで前日の寝る前に、朝だけに限らず翌日の予定、目標、やる事、やらなければならない事などを決めておきます。
すると、時間を無駄にすることなく過ごすことができます。

この4つ目のスケジュールを立てるために僕が使っている物は、ホワイトボードです!
スマホで管理するという人もいるでしょうが、僕は常に見える形で、自分の文字で書いたホワイトボードの方がやる気がでます!(笑)
何より、書いたり消したりもしやすく使い勝手がいいのでおススメです。

大きいサイズ

小さいサイズ

具体的な活動内容は、とりあえずはそれぞれの趣味の時間に使えばいいと思います^^

まとめ

 夜は夜で大型連休だからこそできる楽しみかもしれませんが、今まで夏休みは昼まで寝てしまっていたという方は、
一度朝活をしてみてはいかかでしょうか?
きっと有意義な夏休み生活を過ごす助けとなると思います。
朝の時間を有効活用して、一緒に楽しい夏休みを過ごしましょう!

それでは^^

おすすめの記事