サンプル

 ワードプレスのプラグイン「WP Appbox」で、「App Store」のアプリを紹介した時に、リンク先で上の写真のような「アイテムを利用できません」となることはありませんか?

問題なく「App Store」に存在するアプリなのに(><)

そんな時の僕がしている対処法を紹介しようと思います。

あくまでも「対処法」であり「解決法」ではありませんので、あらかじめご了承をm(__)m

直接リンクを貼る

 「対処法」とか言いながら、「ただ貼るだけかよ」と思うかもしれませんが、解決できない以上はこれしかないと思います。

☟実際に僕の記事を見てみてください(スマホ画面)☟
スマホ画面

☟記事そのものを確認したい方はこちら☟

 どうでしょうか?(^^;

青文字の「アプリ名」に「App Store」のアプリへのリンクを貼ります。

これなら問題なく「WP Appbox」を使いアプリの紹介を出来るのではと個人的には思っています。

各アプリへのリンクの貼り方

 これに関しては説明はいらないかもしれませんが、一応しておきます^^

まず「App Store」の紹介したいアプリのページに行き、「入手」から「リンクをコピー」します。
App Store

すると、数字・アルファベット・記号が羅列されたモノがコピーされます。
それが、「App Store」のアプリページへのリンクです。
 
 
☟こういうやつ☟これは上写真の「Pefect Image」へのリンクです。
https://itunes.apple.com/jp/app/%
E5%86%99%E7%9C%9F%E6%96%
87%E5%AD%97%E5%85%A5%E3%
82%8C-%E5%86%99%E7%9C%9F
%E5%8A%A0%E5%B7%A5-%E7%9
4%BB%E5%83%8F%E7%B7%A8%E
9%9B%86-%E7%84%A1%E6%96%
99%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%
83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8%
E3%83%A5%E3%83%95%E3%82%
A9%E3%83%88%E3%82%A8%E3%
83%87%E3%82%A3%E3%82%BF%
E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%
97%E3%83%AA-perfect-image/id464660903?mt=8
 
 
これを、ワードプレスの機能でリンクを貼り、表示を「アプリ名」にすれば完了です。

ちなみに下の文字列「a href=」の後ろの「”」「”」の間にリンクのコピーを、その後ろの「>」「</a>」の間にアプリ名を入れてあげればリンクが貼れます^^

<a href=””></a>

なぜページが表示されないのに「WP Appbox」を使うのか?

 なぜ、上手くアプリのページが表示されないのに、「WP Appbox」を使うのかについて僕の考えを説明します。

「WP Appbox」には問題なく動作して、紹介するアプリのページが表示されるアプリもいっぱいあります。
それらのアプリには「WP Appbox」を使ったらいいでしょう。
しかし、表示しないアプリには「WP Appbox」を使わない方がいいのではないか、と思うかもしれません。
 
 
これに関しては、人によって考え方は違ってくると思いますが、僕はやっぱり「WP Appbox」の「スクリーンショット付きリンク作成」を使わない手はないと考えます。

アプリ紹介にあたり、アプリ製作者側がそのアプリを紹介するために用意したPR画像は使うべきであり、それを簡単に貼れる「WP Appbox」はすごく優秀なプラグインです。
 
 
 たしかに、リンクを貼っておいて上手くリンク先に飛べないのは問題です。

しかし、それを補えるのなら「WP Appbox」は十分に使う価値のあるプラグインです。

補助リンクを張る文章を考える

 対処法としての直接リンクを貼る文章を考えてみましょう。
まあ、これに関しては好きなようにしたらいいですが、一応僕なりの考えを紹介します。

☟まずは僕の文章を見てください☟

※上記リンク先で「アイテムを利用できません」となる場合は、「アプリ名(リンク)」こちらからお調べくださいm(__)m
 
 
 まず、ポイントとしては「※」「赤文字」です!

上手くリンク先が表示されないことを知っていて貼っている以上、読んでいただいている読者に無駄な手間を取らせいためにも、絶対に先に読んでもらえるようにする必要があります

なにより、紹介しているアプリが本当は使えたとしても「日本のStoreではご利用いただけません。」なんて表示されたら、記事を読むのをやめてしまう可能性が高いです(><)

そうならない為にも、目立つように書きましょう!
 
 
 次のポイントは「なる場合は」というところです。

僕は最初、「なるので」としていました。

なる場合しかないのに「なる場合は」と書くのはおかしく感じるかもしれません。

しかし、読者からすると「なるので」では、
「なんで表示されへんリンク先を貼ってんねん」と感じると思います。
考え過ぎかもしれませんが(笑)
他にも、日本のStoreでご利用いただけません、と表示されるアプリは少し警戒してしまう可能性もあります。
 
 
 しかし、「なる場合は」にしておくと、通常はリンク先に飛べるということなので、変に紹介したアプリに警戒を持つことはないでしょう。

あとは、目を通してもらいやすくするためにも、できるだけ「シンプル」にするのも大切です。
 
 
 この3点を意識して文章を作れば、問題ないのではないかと思います^^

まとめ

 今回は、「WP Appbox」を使用した際にリンク先で「アイテムを利用できません」となる時の、僕なりの対処法を紹介しました。

初めにも言いましたが、あくまでも「対処法」に過ぎず、「解決法」ではないので、根本的な解決にはなりません(><)

それでも「WP Appbox」を使いたい、という方のための対処法になりますので、ぜひ参考にしてみてください!

それでは^^

おすすめの記事