愛車のSR400京都の南丹市美山町にある「かやぶきの里」にツーリング一人旅をしてきました。

「かやぶきの里」は上の写真の通り、日本昔話に出てくるような、昔ながらのかやぶきの家々が立ち並ぶ小さな里です。

大阪から行ける距離でどこかいいツーリングスポットを探しているときに、「かやぶきの里」を見つけ、里の風景に一目ぼれをして行くことにしました。

ということで、今回は「かやぶきの里」旅行記になります。

関西でツーリングスポットを探している方は、ぜひ参考にしてみてください!

今回の旅ではお食事処などのガイドとして京都 美山ナビを使用しました。

道の駅 美山ふれあい広場

 まず初めの目的地は、「道の駅 美山ふれあい広場」です。

初めのと言っても、ここまで来ればほぼ着いたも同じぐらい「かやぶきの里」の近くにありました。

大阪から第二京阪に乗って→京滋バイパス京都縦貫自動車道と高速道路を進み、園部ICで降ります。

平日の朝に出発したのですが、高速道路も途中からどんどん田舎になるにつれて、景色もよく、道路もすいてきてこの時点でライダーとしては気持ちよかったです^^

園部ICを降りたら、次は府道19号線を進んでいきます。

トンネルが19号線の入り口になっていて、そこから何もない林道が続きます。
この道がまたよかったです!

そして19号線から国道162号線に入るとすぐに到着です。
美山ふれあい広場
美山ふれあい広場2
美山ふれあい広場3

駐車場が広くて、「かやぶきの里」に行く人の休憩所って感じでした。

9時半頃に着いたのですが、他にもバイクが止まっていて休日だったらライダーでいっぱいになるんじゃないでしょうか。

2枚目の「牛乳工房」では、美山牛乳を使った商品を製造から販売まで行っていて、ジェラートやソフトクリームがおすすめの場所らしいのですが、
営業時間が10:00~だったのでまだ閉まっていました><

なので、地域の特産品を扱っている3枚目の「ふらっと美山」で美山牛乳で作ったレアチーズケーキを買って、一休みです。
レアチーズケーキ

SR400は単気筒なので振動が強くて、お尻が限界に来ていたので、ここで一休みできてよかったです。

ちなみに、すぐ横にガソリンスタンドもあったので、遠方から来られる方もここで一度補給できるので安心です!

さて、一休みしたところで目的地の「かやぶきの里」に出発です!

かやぶきの里

 「美山ふれあい広場」から10分ほどで到着しました!

駐車場がすごく広くて、観光バスも止まっていたりと、駐車に困ることはなさそうです。

とりあえず写真撮影タイムです!
かやぶきの里
かやぶきの里2
かやぶきの里3
かやぶきの里4

ネットで見たまんまの風景が目の前に広がり、写真を撮りながら一人でテンションが上がっていました(笑)

何より天気が晴れていたのがよかったです。

あと、よかったところがトイレです!
田舎なのでトイレが汚いのはしょうがないと思っていたのですが、観光地だけあって広くてきれいでした!
トイレ

「美山ふれあい広場」のトイレはお世辞にもきれいとは言えなかったので、途中でトイレに行きたくなった人は頑張ってここまで我慢しましょう。

ちなみに、「美山ふれあい広場」にもありましたが、「かやぶきの里」にも駐車場を越えて少し進むとガソリンスタンドがあったので、ガソリンの残量などは気にしなくてよさそうです!
ここらへんはさすが観光地だなと感じました。

この時点で10時過ぎでして、昼飯前にすこし腹ごしらえをしようと、事前にいくつか決めていたお店の一つである「ちしゃの木庵」を目指します!

「かやぶきの里」の横はずっと道に沿ってきれいな川が流れています。
夏の時期は鮎釣りに来られる方が多いくらいきれいな川です。

「ちしゃの木庵」「かやぶきの里」から山道を進んだ先の少し離れたところにあります。

山に囲まれたところに一軒のお店があり、横を流れる川に面したデッキから山、川を眺めながら食事を楽しめるというところに惹かれて選びました。

それでは出発です!

まるでタイムスリップ!「かやぶきの里」探索&昼飯に苦戦!?

 「かやぶきの里」に着いてから一つ目のお店である「ちしゃの木庵」を目指して、山道を走ります。

これぞツーリングというようなカーブが連続する山道を、きれいな川を横目に走るのはすごく気持ちよかったです!

バイクを買ってから初めての遠出だったので、「バイクを買ってよかったな~」と思いながら走っていました(笑)

それでは、文字ではあまり伝わらないと思うので、しばし目的地「ちしゃの木庵」に着くまでの山道をご覧ください^^
山道
山道2
山道3
山道4

写真で見るだけでも気持ちよさそうな道ではないでしょうか。

気温が30度あったのですが、山道は涼しくて快適に走れました。

4枚目の道を進むといよいよ目的地「ちしゃの木庵」です。
ちしゃの木庵

到着です!

しかし、人の気配がしないので、まさかとは思いつつホームページを調べてみると、平日は4人以上で予約が必要だったみたいです。
土、日、祝なら営業をしているみたいなのですが、完全に確認不足でした><

 
 気を取り直して、もう一つ目を付けていた「ログカフェ マタタビ」を目指して一旦「かやぶきの里」に山道を引き返して戻ります!
山道5

「かやぶきの里」に着くと、時刻が11時過ぎだったので、「ログカフェ マタタビ」はもう少し待って昼飯にしようと考え、先にバイクを降りて、「かやぶきの里」を探索することにしました!

その前に少しだけ駐車場横にあるお土産屋さん兼お食事処「かやぶきの里 悠々ひろば」で小休憩。
悠々ひろば
さつまいもドーナッツ

ここでは人気のさつまいもドーナッツアイスコーヒーをいただきました。
揚げたてで、外はサクサク、中はふわふわでほんのりとさつまいもの味がするおいしいドーナッツでした。

来たときはぜひ食べてみてください^^

 
 そして、今回のメインである「かやぶきの里」の中を探索開始です!
かやぶきの里

歩いて10分もかからないぐらいで里全体を見て回れる広さでした。

夏の終わりも近い中、まだまだ蝉の鳴き声が聞こえてくる山と川に囲まれたかやぶきの家々が立ち並ぶ里を歩いていると、まるで昔の日本にタイムスリップしたような気持ちになりました。

時間がゆっくり流れているように感じて、何時間でものんびりしていられるぐらい、のどかな時間を過ごすことができました。
かやぶきの里
かやぶきの里
かやぶきの里

最近忙しかったので、「久しぶりにいい休日やな~」と思いながら里内を歩いていました(笑)

 
 一通り探索し終わると時間もちょうど12時だったので、昼飯求めて、いざ「ログカフェ マタタビ」に出発です!

ここを昼飯に選んだ理由は、じっくり煮込んだ牛すじカレー大きな丸太のログハウスというところに惹かれたからです。
特にログハウスでの昼飯は旅感を味わえます!

さらに、オートバイ、自転車で行くと、特典があるみたいなので、ツーリング旅としては行くしかないです!

「かやぶきの里」から近く、5分ほどで到着です。
ログカフェ マタタビ
ログカフェ マタタビ

入口にある「準備中」の看板に不安を覚えつつも、いざ進むと雰囲気のいいログハウスがありました。

開店していることを願って中を覗くと、案の定閉まっていました(TT)

こちらも確認すると、土、日、祝以外は、不定期で休業することがあるので、平日は予約をしてください、と書いていました><

自分の準備不足にあきれてしまいます><

今回は準備不足で閉まっていましたが、特にライダーの方にはおすすめのお店なので、ツーリングで来られる方はぜひ予約をして僕が食べれなかった牛すじカレーを食べてみてください^^

 
 しかし、ここで残念がっていても仕方ないので次の昼飯を食べれるお店を探します。

観光地だけあって、色々とありましたが、カレーの口になっていたのでカレーがないか探していると、よもぎケーキ鹿肉カレーが人気のログハウスの喫茶店、「喫茶スペースウッド」というお店があるらしいので、ここに決定です!

同じ失敗を繰り返さないためにも、事前に電話をしようかと思いましたが、今さら確認するのも嫌だなという変なプライドが働いて、開店しているかわからない中、いざ「喫茶スペースウッド」を目指します!

「喫茶スペースウッド」は周辺の観光場所の中で一番端に位置するところにあり、また気持ちいい山道を走れるので、むしろ閉まっててよかったとポジティブにとらえて再度山道を走ります!

山道を抜け、ぽつぽつと家があるところに出ると、すごく雰囲気のいいかやぶきの家を発見!
かやぶきの家

ジブリに出てきそうな、失礼ですが妖怪が出そうな家がぽつりと一軒あり、思わず愛車と記念撮影!
人が現在住んでいるのか気になりますね。

そして、もう少し進むと目的地「喫茶スペースウッド」に到着です!
喫茶スペースウッド

旅先の昼飯場所としては最高な雰囲気のログハウスでした。
特に店内がすごくよかったです。
喫茶スペースウッド
喫茶スペースウッド
よもぎケーキ

平日だったこともあり、貸し切りですごくのんびりとした幸せな時間を過ごせました。

ここでは、お目当ての鹿肉カレーよもぎケーキをいただきました。
鹿肉カレーはやっと昼飯にありつけたということもあり、写真を撮ることを忘れてしまうという、ブロガーとしてはあるまじき失態を犯してしまいました(笑)

自家製よもぎケーキは甘さも抜群ですごくおいしかったです!

「かやぶきの里」には合わない二軒の異質な洋風の家!?

 再度「かやぶきの里」に戻ってきて、もう少し食べれたのと、せっかくの旅ということもあり、二軒食べに行きました。

一軒目は、駐車場のすぐ横にある「お食事処きたむら」です。

ここは美山産そば粉を使った手打ちそばがおすすめのお店なのですが、時間が3時前ということもあり、手打ちそばが売り切れていて、普通のにしんそばをいただきました。

どうせなら、手打ちそばが食べたかったですが普通においしかったので満足です!
お食事処きたむら
にしんそば

次は、この旅最後の食事として、デザートに美山牛乳ジェラートプリン「カフェ美卵」でいただきました。

ここは、この旅で訪れたお店で唯一里の中にあるお店でした。

かやぶきの家々の中での食事は、この里の住民になったみたいで楽しかったです。

ジェラートは4種類味があり、僕が食べたのは緑茶味でした。
プリンは卵の味が感じられておいしかったです。

「かやぶきの里」に行くならおすすめなのでぜひ寄ってみてください^^
カフェ美卵
プリン&ジェラート

 
 「かやぶきの里」を満喫して、時間も15時過ぎとそろそろ帰ろうと思ったのですが、朝着いたときからに気になっていたところがあったので、最後にそこだけ見て帰ることにしました。

それは、昔ながらの風景には合わない二軒の並んだ洋風の家です!
洋風の家

奥に赤と青の並んだ二軒の家が見えるのがわかりますか?

「かやぶきの里」にあるには異質な家なので、来た時から気になっていたのです。

もしかしたら、「マーニー」がいるんじゃないかと!(笑)

ということで、細長いあぜ道を歩いていきます。
あぜ道

しかし、さすがにかやぶきの家々が売りの観光地だけあり、景観を崩さないためにも少しだけ離れたところにあります。

目の前まで行くと、遠くから見た通りかわいらしい家が二軒並んでいました。
洋風の家

現在人が住んでいる気配はなかったですが、表札に名前が書いてあったので、もしかしたら誰かの別荘か何かなのかもしれませんね。

残念ながら「マーニー」はいませんでした><(笑)

 ということで、名残惜しいですが「かやぶきの里」を後にして帰路につきます。

さらば、「かやぶきの里」!!
かやぶきの里

まとめ

 ということで、今回の「かやぶきの里」旅行記は終わりです!

最後まで読んでいただいてありがとうございましたm__m

初めての旅行記だったのですが、写真をいっぱい使って、読んだだけで一緒に旅をした気分を味わっていただけたらなと思いながら書いてみました。

今回行った「かやぶきの里」ですが、秋には紅葉、春には川の周りにと、どの季節に行っても楽しめる観光地になっていますので、ぜひ一度行ってみてください。

特にライダーの方は、山道里内の道もすごく気持ちいいのでツーリングスポットとしておすすめです!

最後に、「かやぶきの里」に限らず田舎の方に旅行に行かれる場合は、事前にお目当てのお店の予約、開店の確認をすることをおすすめします。

それでは^^

おすすめの記事